SPYDブログ 投資家ケーレスが人生の手札をふやす

毎日19時にブログ更新 投資歴5年 2021年5月時点でSPYD4500株(約1800万円) 

キャピタルゲイン税、増税?今後の日本の税金について考えてみる。

f:id:jinseinotehuda:20210423114358j:plain

皆さんこんばんは。

ケーレスです。いつもブログにきて頂きありがとうございます。

本日は「キャピタルゲイン税、増税?今後の日本の税金について考えてみる。」というテーマで話をしていこうと思います。

 

 アメリカでキャピタル税の報道

news.yahoo.co.jp

アメリカのキャピタルゲイン税、増税の報道がありました。

アメリカでは日本とは違い年末調整といったシステムがなく、全員が確定申告をします。

 

よって税金に対する反応は日本より敏感であり、議会で可決されキャピタルゲイン増税になれば、株価も10%程度下落すると考えられます。

 

日本の税金制度 確定申告はお金持ちの第一歩です。

jinseinotehuda.com

jinseinotehuda.com
jinseinotehuda.com

 

 キャピタルゲイン税、増税日本の場合はどうなる?【私はポジティブ】

日本の場合は、キャピタルゲイン増税されるでしょうか?

私はキャピタル税増税はまだないと考えています。(ポジティブ)

 

日本ではキャピタルゲインについては分離課税制度が採用されており、

利益確定した場合は一律で20%の税金がかります。

 

私はこの税金が少なくとも上がることは直近ではないと思います。

なぜなら日本でのお金持ちは、年配の方であり、年配の方の頂点は政治家です。

 

政治家は株や不動産といった資産を莫大に持っています。

それなのに自分が不利になる増税(資産課税)をするでしょうか?私はしないと思います。

 

今後、コロナ経済対策の埋め合わせで増税になると思いますが、

富裕層に対する資産課税等の増税は少なく、社会全体に税金をかける消費税増税をするのではないかと思います。

 

それでもキャピタル税増税になった場合は?

私はリスク分散は常にしています。

現在は人的資本と金融資本のバランスを考えて全額米国株に投資をしています。

 jinseinotehuda.com

 

jinseinotehuda.com

 

日本は少子高齢化であり、残念ながら経済が成長する可能性は低いです。

今後増税が繰り返され、最終的には資産課税を課される可能性もゼロとは言い切れません。

 

私の資産課税に対するリスク分散としては海外移住を考えています。

先日、中国語の検定試験合格をしているという記事を書きました。

 

jinseinotehuda.com

 もちろん仕事のためでもありますが、本当の目的は海外移住のために(増税対策のために)勉強しているといっても過言ではありません。

 

常にリスクは分散しておくことは大事です。

私は人生の選択肢を増やすために今後語学の勉強も頑張ることが大事であると考えいます。

 

まとめ

私は短期的には日本のキャピタル税金増税の可能性は低いと考えています。

税金が低い間にしっかりとお金を稼いでいきお金持ちにさえなっておけば、将来たくさんの選択肢を持つことができると考えています。

 

皆様も私と一緒に投資をして行き資産を常に拡大することを意識していきましょう。

お金持ちであれば日本は最高の国です!!