SPYDブログ 投資家ケーレスが人生の手札をふやす

毎日19時にブログ更新 投資歴5年 2021年5月時点でSPYD4500株(約1800万円) 

日本の賃金の低さはビックマック指数からもあきらかに

f:id:jinseinotehuda:20211004191346j:plain

皆さんこんばんは。 ケーレスです。いつもブログにきて頂きありがとうございます。 本日は「日本の賃金の低さはビックマック指数からもあきらかに」というテーマで話をしていこうと思います。

賃金は世界5位から世界30位に

toyokeizai.net

 

皆さんはビックマック指数というものを知っていますか?

 

「ビッグマック指数」というものが算出されている。これは、イギリスのエコノミスト誌が公表しているデータで、各国のビッグマックの価格を比較したものだ。

2021年のデータを見ると、つぎのとおりだ。

日本のビックマックは390円で、これを為替レートで換算すると3.55ドルになる。

他方で、アメリカのビックマックは5.65ドルである。したがって、日本のビックマックはその62.8%ということになる。

上で見たように、OECDの数字では、日本の賃金はアメリカの賃金の55.5%だった。ビッグマックの価格の違いも、賃金格差のデータとほぼ同じだ。

またユーロ圏のビックマックはドルに換算して5.02ドル、イギリスのビックマックが4.5ドルである。これも、賃金格差とほぼ同じ傾向だ。

さらに、韓国のビックマックは4.0ドルであり、これは日本の3.5ドルより高い値になっている。これも賃金の場合と同じだ。

 

要は、ビックマックの値段を考えるとドル円は1ドルあたり60円が適正であるのですが、実際は1ドルあたり110円となっています。

 

これはいかに円の力が弱くなっているかを示すものであり、

物価が上がらない原因ともなります。

 

安いものを買うのが仇に

私たちはとにかく一円でも安いものが正義と言わんばかりに安いものばかりを買います。

しかしこれが私たちの低賃金にもつながっています。

 

いいものには高いお金を払う。この考えが今後日本でも必要になってくるででしょう。

デフレはみんな厳しくなる。インフレになるように頑張ろう

 

 

 

jinseinotehuda.com

jinseinotehuda.com